• ホーム
  • 肌を痛める間違った美容法

肌を痛める間違った美容法

2019年08月11日
鏡を見て肌を気にする女性

女性はひとりひとりに合った美容方法で、美しい肌をキープしているといいます。
しかし、どんなに頑張っていてもなかなか肌荒れが改善されないという人や、頑張ってお手入れしているのに、以前よりもシワが増えたという人もいるそうです。
そのような人は「肌を痛める間違った美容法」をしている可能性があります。
ニギビが出来たから、クレンジングを念入りにする、保湿させずに乾燥して治すというのは間違った美容法です。
ニギビというと、脂性の肌質の人がなってしまうイメージがあります。
しかし、大人になってからのニギビは、大抵が乾燥してなってしまうものが多いのです。
肌が乾燥してしまうと、乾燥した肌を潤わそうと、毛穴から必死に皮脂を出そうとします。
その皮脂が毛穴を詰まらせてニギビになってしまうと言われています。
そのため、ニギビを改善するには保湿することが重要なのです。
保湿は、浸透力の高いセラミド入りのローションが良いと言われています。
ローションは、コットンにたっぷりと含ませて、パックすると良いそうです。
刺激の少ないアルコールフリーのローションをセレクトするのもポイントです。
保湿し続けてニギビが改善されることが多いそうです。

関連記事
ハイドロキノンと美白化粧品とボディクリームについて

色黒が元気なイメージであった時代は終わり、近年は美白ブームが続いています。美しさもためでもありますし、長い目で見た時にも、無駄な日焼けはシミやシワの原因にもなるので、若いうちからのホワイトニングケアはタイセルなお手入れです。シミが肌に出来たら、ハイドロキノンのクリームで薄くしていきましょう。ハイドロ

2019年11月30日
ハイドロキノンとにんにくとマスクについて

マスク美容というと、意外性を感じる人もいるでしょう。風邪予防とか、ウイルス対策で使用されるのが、メインのアイテムといった認識が高いためです。しかし美容という意識をもって利用してみると、これが案外使えるアイテムであることが理解できます。マスクの美肌効果でわかりやすいこととして、紫外線から肌を守る効果が

2019年10月29日
オイルクレンジングとミルククレンジングの違い

お肌を美しく保つためにはきめ細かいケアが必要になります。お肌のために化粧水などを使っている方が多いのですが、美肌のためにはクレンジングの仕方がとても重要なのです。ほとんどの方が化粧を落とす時にはクレンジングをしますが、その時に使用するのがオイルクレンジングなのか、ミルククレンジングなのかによってもお

2019年09月28日
クレンジングは実は肌に悪い?

メイクを落とすクレンジングは、スキンケアのステップとして重要な位置を占めています。クレンジングによって肌の状態が決まるとまで言われており、その後に使用する化粧品の効果や浸透にも関わるので、クレンジング選びは慎重にしたいものです。メイクや汚れをしっかりと落としたいと思うあまり、洗浄力の強いクレンジング

2019年08月29日
化粧しない方が肌荒れしない?

皮膚トラブルを避けるためには、化粧しない事が一番有効です。メイクに使用する化粧品には、豊富な添加物が使用されています。商品によっては自然由来の成分が配合された化粧品がありますが、それもごく一部であり、多くの場合はシリコンや色素材等、肌に影響を与える成分が含まれています。この様な成分が含まれていること

2019年07月22日